Inbody

保険診療のイメージ

InBody 体成分分析装置!!

特徴

世界特許で保護されている部位別直接インピーダンス測定法(DSM-BIA)
InBodyの部位別直接インピーダンス測定法は、人体を右腕・左腕・体幹・右脚・左脚に分けて測定する技術です。
断面積と長さの異なる各部位を別々に測定するため、どの体型でも同じ精度で分析できます。

正確な測定を可能にする多周派数測定
3種類の広帯域周波数(5kHz、50kHz、250kHz)を用いて細胞内水分と細胞外水分を分けて測定する技術です。
交流電流は周波数によって細胞膜を透過する程度が異なります。InBodyはこの特性を利用して高周波の電流では全体の体水分を、低周波の電流では細胞外水分を測定することで、水分均衡が分かります。
 

高い再現性を実現する8点接触型電極法
人体の形状を考慮して左右の手と足に各2 個ずつの電流・電圧電極を配置し、計8 個の電極を使用する技術です。電流と電圧を分離したInBodyの電極接触方式は、手首と足首の常に一定な位置から測定が始まるため、再現性がとても高く、皮膚による接触抵抗の影響を受けない正確な測定が可能です。

僅かな体成分変化も感知する経験変数の排除
InBodyは性別や年齢などの統計的な情報で体成分の結果を補正しません。
実測したインピーダンスのみに基づいて体成分を分析するため、見逃しやすい僅かな体成分変化まで感知します。
これは体成分変化を継続的にモニタリングする治療や、研究を目的とした分野では欠かせない技術です。


Inbody 230 結果用紙

  • TOP
  • 湘南シークロスブログ
  • 求人
アクセス

大きな地図で見る所在地〒243-0432
海老名市中央3-2-5
ダイエー海老名店1F
TEL.0466-36-6668 湘南リラックスグループリハビリケア湘南0466-88-9696 受付時間9:00~20:30

お問い合わせ 詳しくはこちら